使用上の注意

管理者(調理者)の方へ

使用上の注意を無視・理解せず取り扱った場合、人が障害・怪我を負う事故に繋がりかねません。

又、物的損害の事故も想定されます。

下記の注意点をご理解を頂いた上での使用をお願いします。

 

本製品を扱う際は、管理者(調理者)を決め管理者の指示に従う形でご使用ください。

*使用前にオーブン本体・フタを洗い使用前の準備をしてください。

使用前の準備に関しては、「取扱説明書」をご覧になってください

*錆びた状態でオーブンを使用しないでください。

   錆びた場合は、取扱説明書をご覧になってください

LPガス燃料(ガスカードリッジ)を使用する

  バーナーやカセットコンロ等で使用しないでください。

   ガス燃料(ガスカードリッジ)とオーブンの距離が近いと加熱され爆発等の恐れがあります。

*使用中や使用直後のダッチオーブン本体は、

  高温となっており非常に危険です。

  管理者以外は、絶対に近寄らない様にお願いします。

     (素手で触ると火傷の危険もあります)

*使用中や使用直後のフタも、非常に高温で危険です。(素手で触ると火傷の危険もあります)

管理者はフタを仮置き際するは、高温であり註が必要な旨を周囲にお伝えください。

*熱を持っているオーブンを強制的に冷却する事はやめてください。

急冷の歪による割れや思わぬ事故の原因となります。

*オーブンに過度な衝撃は与えないでください。割れや折れの原因となり危険です。

*使用中・使用直後のオーブンは高温です。

管理者は、安全な調理範囲を確保しお子様やペットを近くで遊ばせない様にお願いします。

*オーブン・フタは調理器具です。調理以外には使用しない様にお願いします。

*オーブン・フタは重量物です。取り扱う際は、落下させない様にご注意ください。

   足等に落下させると怪我の原因となります。屋内の場合は、床・机等の破損に繋がります。

*オーブンを吊り下げた状態で使用する場合、料理を取り分けたりかきまぜたりする際は

   オーブンを一度おろし安定した場所において行って下さい。

*オーブンの加熱を初めた後から使用後の手入れまで、皮手を使用して取り扱って下さい。

   非常に高温になりますので火傷に注意してください。

*火の取り扱いは、慎重に行って下さい。特に使用後の火の始末には十分にご注意ください。

*使用中に火の粉などが飛ぶ場合があります。

可燃物や燃えやすいものは周囲におかないようにしてください

*着火剤や燃料としてガソリン・灯油・軽油・ガス・アルコール等は使用しないでください。

*換気が良く周囲の見通しが良い場所で使用してください。

  テント内部やターブの下では使用しないでください。

*使用後は、完全に冷めてから使用後の手入れを行って下さい。

  手入れに関しては、別冊「お手入れの手引き」 をご覧になってください

*使用後のお手入れが済んだ後に、収納ケースに入れ保管してください。

    収納方法に関しては、別冊「お手入れの手引き」  をご覧になってください

*収納する際は、小さいお子様の手の届かない所に保管してください。