取扱説明書

シーズニング

シーズニングとは、鍋に黒錆意図的に発生させる事で錆による鍋の腐食を防止する作業です

 

シーズニングの手順

1.中性洗剤でダッチオーブン本体/フタを洗い、水で丁寧に流してください。 

 ※洗剤を使うのは、開封初回の1回だけです、2回目からは水かぬるま湯で洗い流してください

2. ダッチオーブン本体/フタに食用油(サラダ油やオリーブ油)を薄く塗り 30~50分ほど火にかけ熱します。

3.ダッチオーブンを自然冷却させた後、2.の作業を2,3回程度繰り返してください。

4.香りの強い野菜 くずを炒めて鉄臭さを取り除きます。

 初めてのシーズニングは、4.の作業も2,3回程度繰り返し鉄臭さを取ってください。

5.炒め終わったら、スポンジや亀の子たわし等でこすり水洗いして下さい。(洗剤・金属のたわしは使用しないでください)

6.水洗い後、空のまま火にかけ水分を蒸発させてください。(火にかけたまま離れないように、くれぐれもご注意ください)

 

以上で、使用前シーズニング作業は終わりです。

 

 

1 余分な油は、キッチンペーパーなどでふき取ってください。

 

2 ニラ/ニンニク/玉ねぎ/しょうが/ネギ/ローズマリー/クレイジーソルト などを適量入れてください。

調理後のお手入れ

調理後のお手入れを怠るとサビが出来てしまいます。

サビさせない事もダッチオーブンを使いこなすコツと言えます。

 

1.調理後ダッチオーブンが冷めきらないうちにお湯を入れます。

  ※火傷に注意する事

  ※急激な温度変化を嫌う為、冷水は避けてください

2.ダッチオーブンを火にかけます。沸騰させる必要はありません。

3.木のヘラなどを使用して、焦げや汚れを取り除きます。

4.ダッチオーブンの湯を捨てます。(ダッチオーブン・お湯 共に熱いですので、十分ご注意ください)

焦げが残っている場合は、お湯を捨てた後に空焚きをして炭化させ割り箸でこすると取れます。

5.ダッチオーブンを火にかけて水分を蒸発させます。(火にかけたまま離れないように、くれぐれもご注意ください)

6. 食用油(サラダ油やオリーブ油)を薄く塗ります。(キッチンペーパー等で余分な油をふき取ってください)

7. ダッチオーブンを再度火にかけて煙が出なくなるまで空焚きします。(火にかけたまま離れないように、くれぐれもご注意ください)

 

8.ダッチオーブンが熱いうちに食用油(サラダ油やオリーブ油)を薄く塗り自然冷却します。

 

以上で、調理後のお手入れ作業は終わりです。

ダッチオーブンの錆取り

サビ取りの手順

1. 亀の子たわしでサビを落とし洗い流します。(洗剤・金属のたわし・洗剤・クレンザーは使用しないでください)

2. ダッチオーブンを火にかけて水分を蒸発させます。

3. 食用油(サラダ油やオリーブ油)を薄く塗ります。(キッチンペーパー等で余分な油をふき取ってください)

4. ダッチオーブンを再度火にかけて煙が出なくなるまで空焚きします。

   3.4.の作業を23回繰り返します。

5. 4.の後ダッチオーブンが熱いうちに食用油(サラダ油やオリーブ油)を薄く塗り自然冷却します。

火にかけたまま離れないように、くれぐれもご注意ください

 

以上で、サビ取り作業は終わりです。

保管する場合

・収納は、冷めてから行って下さい。

・フタを締め切らない様に注意して下さい。(結露などで内部に湿気がこもると錆が発生します。)

(内部に新聞紙などを入れて蓋を少し浮かせて保管がお勧めです。)

・べたついている場合は、油を軽く拭きとって下さい。

・重量物ですので、落下させると家屋の破損や重大な事故・大けがに繋がります。お子様の手の届かない所に保管して下さい。

以上で、保管作業は終わりです。